社会人の恋活におすすめの出会いの場

社会人の恋活におすすめの出会いの場

学生の時は身近に出会いあるものですが、社会人になるとなかなか異性との出会いもなく、休みなく働いてつい恋愛から離れてしまうという人も少なくありません。

気づけば自宅と会社の往復になっていたという経験はありませんか?

今回はそんな社会人が恋人をつくるための出会いの場を紹介していきます。

疲れている身体を癒してくれる恋人を探しに行きましょう。

社会人の出会いの場

社会人になると大学生のころに比べると時間はなくなりますが、経済的な余裕はできますし、出会う人々の層も広がります。

視野と行動範囲を広げて恋活しましょう。

会社

結婚したカップルの中でも「職場で出会った」という答えは案外多いものです。

毎日顔を合わせていると新鮮味がなくなってきますが、会社は出会いの宝庫でもあります。

男性でも女性でも関わらず仕事を手伝ってくれたり、ミスをカバーしたりと、どんなきっかけで恋愛に発展するかはわかりません。

普段から周りと活発にコミュニケーションをとっていれば、出会える確率も増えるので仕事の話はもちろん、世間話がしやすい雰囲気も作っておきましょう。

しかし社内恋愛のデメリットとして交際した後ほぼ毎日顔を合わせる、別れた後が気まずいということがあります。

後々のこと考えると、少し距離のある部署の相手を選んだ方が楽かもしれません。

取引先

取引先の相手とも出会いが期待できます。

仕事での付き合いが主になってしまいますが、機会を見て知り合いになって、プライベートの連絡先を交換してみましょう。

しかし交際に発展した後に仕事に支障が出ないようにすることも社会人のマナーです。

何かあっても仕事とプライベートは切り分けて考えましょう。

SNS

仕事で疲れていてもSNSであれば気軽に利用できると思います。

いきなり連絡を送るのは勇気がいりますが、コミュニティに参加すれば自然と連絡することもできます。

SNSでは様々なイベントが告知されていることも多いので、気になったイベントがあったら参加ボタンを押してみましょう。

同窓会

社会に出て何年かすれば高校や中学の同窓会も開かれるようになります。

普段は中のいいグループだけで集まっていると思いますが、何年かに一回は数十人規模で催されます。

久しく会っていないかつての同級生も、立派な恋愛対象になっているかもしれません。

当時はあまり中がよくなかった相手ともふとしたきっかけで大人になってから仲良くなることもよくあります。

同窓会に誘われたらできるだけ参加してみましょう。

知人の紹介

社会人になれば大学とはまた違った人脈がふえることでしょう。

「いい人いたら紹介して」と幅広く頼んでおくと以外な人から紹介されるものです。

紹介を頼む時に大切なのは明るく気軽に、あまり重い雰囲気で頼まれても、頼まれた方は紹介しづらいものです。

気軽に紹介できる雰囲気を普段から作っておきましょう。

社会人サークル

社会人に何年かすると恋活じゃなくても新しい出会いというものが減ってきます。

自宅と会社以外に居場所を作るためにも社会人サークルや習い事は効果的です。

今では本当に幅広い活動をしている社会人サークルがあるので、自分の趣味や興味のあるもの選びましょう。

〇〇歳以上限定など、サークル特徴のあるものもあるので自分の目的に合わせて選ぶのもいいですね。

メンバーになれば、定期的に出会えるチャンスを作ることができますし、自分磨きにもなるでしょう。

恋人を探すと鼻息荒くいくよりも、純粋に活動を楽しみにいった方が、自分自信楽しめますし、周りからも話しかけやすくなります。

趣味を楽しみに遊びに行ったついでに、いい出会いがあったらラッキーくらいに、肩の力を抜いて参加してみましょう。

中には社会人サークルを利用した詐欺などもあるので、サークル概要などをしっかり確認して、運営実績のあるサークルを選んでください。

恋活アプリ

最近ではマッチングアプリというジャンルでカジュアルな出会えるアプリが多数出てきました。

騙されるんじゃないの?と警戒しすぎずに気軽に利用してもいいでしょう。

恋活アプリに登録したらまずはプロフィールを埋めましょう。

この時大事なのは「本名を使うこと」「弱みを出すこと」です。

見知らぬ相手に読まれるプロフィールに書くのは抵抗があるという人も多いと思いますが、逆に言うと他の人はなかなかできないので強みになります。

本名の方が直観的に信用度が増しますし、弱みを最初に魅せられると人間味を感じます。

最初連絡を取るときの安心感がまして、会うまでのハードルが下がるのです。

またやり取りをする時は向こうのテンションに合わせて文章量顔文字の利用も調整しましょう。

自分に近しい人のほうが安心してやり取りできるので、出会いまで繋がりやすいのです。

恋活パーティー・見合いパーティ・街コン

手っ取り早く出会いが欲しいなら恋活パーティーや街コンがおすすめです。

最近ではさまざまな企業が主催で、スポーツコン料理コンといった趣味コンなどの趣向を凝らしたイベントが数多くあります。

珍しいものでは、サバコン、旅コン、釣りコン、アニメコンなどもあるので、自分の趣味から選ぶのも楽しみの1つです。

中には〇〇歳以下というイベントや高学歴パーティーなどもあるので、自分の目的を絞って効率的に出会えます。

単純に企画や料理を楽しみに行くだけでも損はないので、二の足を踏んでいる方はイベント写真など参考にぜひ参加してみましょう。

ランチコンや着席スタイルなどライトなものもあるので、まずはそういうものから参加してみてもいいかもしれません。

パーティ―は多くの人に出会える反面、一人の人とゆっくり話せる時間が多くとれない可能性もあります。

自己紹介タイムプロフィールカードなどをうまく活用して、短い時間で自分をPRして次に繋げるようにしましょう。

短い時間で話を盛り上げるコツは共通点を探すことです。

できれば趣味興味のあることに共通点があると連絡先も交換しやすくなります。

趣味などであれば一緒にイベントにいったり、教えあったりできるので自然また会う機会も作りやすくなるのです。

普段から相手の趣味に合わせられるよう、話題の幅を広げておくのもいいでしょう。

異業種交流パーティー

恋活のためにイベントに行くのが気が進まないとう方は、仕事のために異業種交流会に参加してみてもいいでしょう。

最近は女性が働きやすい環境になってきたこともあり、仕事関係のイベントに行っても女性の参加者が増えてきました。

恋活目的でなければ緊張しないで話せるので、最初の会話がスムーズです。

結婚相談所

結婚も視野に入れて恋活しているという人は結婚相談所を利用して見てもいいでしょう。

しっかり恋愛のアドバイスをくれたり、親身に相談にのってくれそうな相談所を選ぶことが大切です。

また自社で定期的にイベントを開催している会社であれば、イベント参加費用を割引してくれることもあります。

他の手段に比べて始めるときの金額も大きいですし、いざ結婚した時もお金がかかるものなので、時間をかけてでも真剣に選びましょう。

無料説明会を開いている相談所や、返金保障をしている相談所もあるので、うまく活用してください。

結婚相談所がらみのトラブルも起きているので、上場企業が運営しているので信用できる相談所を選ぶことも大切です。

出会うためのポイント

出会いの場がたくさんあることが分かったところで、いかに出会いを作っていくのかポイントを紹介していきます。

頼れるものは頼ろう

恋活のはじめはまずは出会いの数です。

出会わなければ何も始まらないため、出会いを作るために頼れるもの頼りましょう。

手段を一つずつ選んでやっていると、やっても出会えない時に精神衛生上よくありません。

いくつかの手段を複数はじめてみましょう。

手段によっては慣れるまで時間がかかるものもあります。

逆に職場や紹介というのは最初はいいですが、限界があります。

いくつかを組み合わせることで出会いの総数が変わらないようにするのです。

行動しただけ出会いはある

あまり恋活にばかり意識を向けてしまうとつまらなくなってしまいます。

いい出会いがないとイベントに行ったこと自体が無駄に感じてきてしまうのです。

恋活と普段の生活を切り離すのではなく、生活の中で行動する量を増やしただけ出会いがあると思いましょう。

出会いがあるかどうかも大切ですが、あなた自信がその場を楽しめるかも大切なのです。

イベントに参加してくる既婚者に注意

恋活をしていると既婚者に出会うことはよくあります。

普段であれば既婚者になんかひっかからないという人は多いですが、知らずに出会って好きになってしまうとなかなか歯止めがききません。

最悪の場合、向こうの結婚相手に訴えられる可能性もあるので、気づいた時点できる限り早く手を引きましょう。

既婚者の場合、どんなにうまく隠しても必ずどこかに気づけるサインがあります。

多くの人はそれに気づいていながらも、その時の幸せな気分を手放したくなくて気づかないふりをしていることが多いです。

その時間に本当の幸せがどんどん遠ざかっていることに気づいてください。

また今の結婚相手と別れるという言葉も信じてはいけません。

別れない可能性の方が高いですし、別れてくれたとしてもそういうケジメのない人は同じことを繰り返します。

仮にあなたと結婚しても別の女性と遊ぶことでしょう。

イベントの特徴と参加者層

恋活に使えるイベントは様々ありますが、それぞれ特徴があるので紹介していきます。

いくつか参加してみて自分にあったイベントを集中的に利用してみるのもいいでしょう。

恋活パーティー

年齢層は20代から30代の若い人たちが中心です。

条件は〇歳まど条件をつけているものあるので、イベント情報や参加条件はしっかり確認しましょう。

2時間から3時間くらいで1か所に留まって行われることが多いです。

年齢層が多いことから、結婚相手を探すというよりはカジュアルに恋人や週末に遊べる友達を探している人たちが多いのが特徴です。

土日平日関係なく開催されているので、探そうと思えば毎日どこかでは開催されています。

街コン

街コンは近隣の飲食店などを数店舗貸切って行われる大規模なイベントです。

時間は2時間から3時間ですが、開催中はお店を移動しながら楽しむことができます。

年齢層は20代が一番多いですが、参加人数が多いため幅広い層の年代が参加しています。

中には結婚前提の恋人を探しに来ている人達も少なくありません。

恋活パーティーに比べてたくさんの人に出会えますが、その分一人ひとりと話す時間をとりづらいため、次に繋げるには話す力も求められます。

地域の力が必要になるため、あまり頻繁に開催することはできません。

週末のお昼に開催されるイベントが多いです。

最近では合コンスタイルのプチ街コンというもの開催されているので、少ない人数で楽しみたいという人は探してみましょう。

異業種交流パーティー

表向き恋愛目的でないパーティ―を幅広く異業種交流会といっています。

目的や年齢はイベントにもよりますが、多岐にわたります。

テーマのあるものであれば似たような興味をもっている可能性が高いので話題にしやすいでしょう。

恋愛目的から入るわけではないので、緊張せずに連絡先交換などもできるでしょう。

社会人は探せばいくらでも出会いの場が広がっている

仕事が忙しくてなかなか恋活できないという人もいますが、今じゃなきゃできない恋愛もあるため、仕事で疲れていてもする価値のあるものです。

好きな人や恋人ができればそれがモチベーションになって仕事も頑張れるため、仕事のためにも頑張りましょう。

疲れていると視野が狭くなってしまいますが、今はさまざまなサービスがあるため出会いの場はいくらでもあります。

勇気をもって恋活のためにいろんなところに足を運んでみましょう。

恋活サイト・アプリランキング

Omiai

Omiai

Facebook恋活のパイオニア「Omiai」
Omiaiでは6秒に1組がマッチングしているデータもあり、アクティブな会員が多いのが特徴。
会員数が未だに増え続けているのは、たくさんの人からサービス面でもセキュリティ面でも支持されている証拠!
「出会い系は怪しい」という先入観を持っている方にこそ、利用してもらいたいサービスです。
ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

誰もが知っている結婚情報誌が運営している「ゼクシィ恋結び」。ゼクシィ独自の機能「検索学習機能」で、素敵な恋との出会いを運んできてくれるはず!
ペアーズ

ペアーズ

恋活アプリで会員数500万人超えの「ぺアーズ」。毎日約3,000人の男女がペアーズに登録しているとのこと!運命の人に出会えるかもしれませんね。
\ 2018年-もっと詳しいランキング /
完全版ランキングはこちら