恋活中のヤリ目・既婚者の見抜き方

恋活中のヤリ目・既婚者の見抜き方

婚活・恋活ブームの流れもあって、ここ最近出会い系のネットサービスや街コンなどの出会いのイベントが増えてきました。

そんな場に必ずと言っていいほど姿を現すのがヤリ目の男性や既婚者です。

今回はそんなヤリ目や既婚者の男性の見分け方を紹介していきます。
 
引っかかると時間と体力を消耗してしまいますので、うまく避けながら恋活を進めていきましょう。

恋活でサクラや業者以外で注意するべき人

恋活をしていく上で一番危険なのはサクラ会員や業者、いわゆる詐欺師たちです。
 
しかし、お金を奪っていくわけではありませんが、ヤリ目や既婚者の男性に出会うのも危険です。

時間の無駄というだけでなく、男性不信に陥ればその後いい男性に出会っても信じることができなくなります。

それではヤリ目や既婚者がどれほど危険か見ていきましょう。

ヤリ目

ヤリ目の男性は女性が思っている以上にストライクゾーンを広くしています。自分なんか、と考えている女性も注意が必要です。

ヤリ目男性は数打ちゃ当たるという考えで行動しています。
 
過度に歳を重ねていたり、太っていなければいいという男性もいるのです。

逆に太った女性や熟女が好みとうヤリ目もいるので、誰もが気をつけて欲しい点と言えます。

ヤリ目の男性はプロフィール写真に奇跡の一枚を使っています。
 
写真を見てイケメンだと思っていたら初対面の時にガッカリというのはよくある話です。

男性慣れしていない女性が狙われることも多いため、見分けられずに騙される女性はたくさんいます。
 
会員数が多い出会いアプリは安全だと思っている人もいますが、大手のサービスにもヤリ目の会員は多くいるのです。

ヤリ捨てされたショックが後の恋活にも悪影響を及ぼす可能性もあるので、軽く見ないで注意しましょう。

既婚者

結婚していることを隠して恋活をしている男性も存在します。

女性は既婚であることがメリットになることも多いので隠さないケースも多いですが、男性の場合は既婚が出会いの場で+になることは少ないので基本的に隠します。

最悪の場合、奥さんに訴えられる可能性もあるので、既婚だと分かった瞬間に身を引きましょう。

ヤリ目の人の特徴

ヤリ目の人間はカモフラージュがうまく、一見するとヤリ目だと気づかないことも。

ここではヤリ目の男性の特徴を紹介していくので、しっかりと見極められるようにしましょう。

すぐに会いたがる

ヤリ目の男性はマッチングしてからすぐに出会いのアプローチを仕掛けてきます。メールを始めたばかりなのに会う誘いが来たら警戒しましょう。

特に1度目でお酒の場に誘われたらヤリ目の可能性が高いので注意が必要です。
 
特に指定したお店がホテル街の近くの場合、高い確率で食後にホテルに誘われると思ってください。

ヤリ目の男性は恋活経験の浅い人を狙ってきます。出会い系アプリに新規登録したばかりだと出会いのタイミングが分からず、すぐに出会ってしまうケースも多いのです。

一般的に、一週間くらいメッセージ交換してから会うかどうかを考える人が多いようです。

ネットでのやり取りだけで確実にヤリ目でないことを確信するのは難しいですが、ある程度相手の情報を把握しておきましょう。

また、1度目はお昼にカフェで会うのもおススメです。できるだけ明るくて人目のある場所を選んで会うといいですね。

相手のことに興味を持たない

ヤリ目の男性は出会っている時でさえセックスのことで頭がいっぱいです。

相手がどういう身体をしているかには興味がありますが、中身がどういう人間かということにまで興味がありません。会話をしていても生返事が多く、隙あらば話題を下ネタに誘導しようとします。

しかしヤリ目の経験者ほど聞き上手なので、話を興味深く聞いてくれていても注意しましょう。

相手に興味がなくても相槌や質問をするのが上手で、常に女性が話している状態に持っていきます。
 
話をしていると気持ちも高揚しノドも乾くので、お酒を飲ませるための手段なのです。

自分のことをあまり話さない

ヤリ目の男性は自分のことについて聞かれてもはぐらかしたり、話題を変えたりしようとします。

ヤリ目の男性は嘘をついていることが多いのです、ボロが出ないようにできるだけ自分のプライベートを話したがりません。

またセックスをした後は会うつもりがないため、個人情報を知られたくないというのも一つの理由です。

特に連絡先を交換する際に、Facebookページを見られるのを頑なに拒むようであれば怪しいです。LINEであればすぐにアカウントを作り直したり、ブロックすることも可能ですがFacebookだとそうもいきません。

またページを見られると自分の情報を知られることにもなります。怪しいと思ったら一度Facebookで検索してみましょう。

褒めたりして機嫌をとるのに必死

できるだけ相手をいい気分にするために言葉たくみに女性を褒めます。

褒め方が不自然であればすぐに疑えますが、ヤリ目の上級者ほどほめるのがウマいので注意が必要です。褒められていい気分になってしまう時ほど冷静に判断してください。

イケメンで褒め上手なのに結婚していない、彼女がいないというのは他に問題があるか特定の恋人を作る気がないかの可能性が高いです。

女性の扱いに慣れているのに恋人がいない場合は、その理由を考えてみましょう。

どんどん心と体の距離を縮めてくる

ヤリ目の上級者ほど心の距離を縮めるのが上手いです。

下手な男性であれば身体の距離だけを縮めてこようとするのですぐに警戒もできます。しかし女性に慣れている男性には、気づかぬ間に心の距離は詰められていることも。

例えば名前の呼び方も最初は「〇〇さん」という呼び方だったのに、いつの間にか下の名前やニックネームに変わっています。

またヤリ目の男性はお店を選ぶ際もカウンターやL字の席を好みます。向かいあって座るよりも心も身体も距離が近くなるからです。

最初は警戒できますが、話をしているうちに相手のペースにされているので気をつけましょう。

既婚者を見抜く方法

恋活中に出会ってしまってはいけない人はヤリ目の男性だけではありません。中には何気ない顔をした既婚者も混ざっていることもあるのです。

最悪の場合、結婚相手から慰謝料を請求されるトラブルに発展する可能性もあります。彼氏が怪しいと思ったら巻き込まれる前に身を引きましょう。

相手の家に行く

交際を始めたら一度は相手の家に遊びに行きましょう。既婚男性であれば「実家だから」などと理由をつけて断ります。

また、仮に遊びに行けたとしても生活感があまりにないようであれば別居中や単身赴任の可能性も

家に行くことは二股などのチェックにもなるので交際したら一度は遊びに行くことをおススメします。

相手の友達に会う

既婚男性はなかなか自分の友達に合わせようとしません。一度は相手の仲間うちの飲み会などに参加する機会を作りましょう。

彼の人間性は友達に会えばよく分かります。相手の友達に簡単な人生相談や悩み相談をしてみて様子を見てもいいかもしれません。

しかし不倫の常習犯の場合は、不倫している男性同士でカバーし合っている可能性もあります。友達に合わせてくれたからといって確実に信用できるとは言い切れません。

土日の昼間にデートする

平日夜のデートばかりの場合は、土日の昼やお泊りデートを提案してみましょう。

家庭を持っていると休日は家族サービスのためなかなか時間を作るのは難しいです。しかし単身赴任の場合や共働きの場合は時間を作ることも可能です。

冗談半分でお正月やクリスマスのタイミングでの海外旅行の話をして反応を見てみるのもおススメです。

免許証を見せてもらう

交際を始めたら一度は免許証や保険証などを確認してみましょう。不倫をする男性の中には名前まで偽っていることもあるためです。

もちろん免許証だけで既婚か判断することはできませんが、住所が分かれば家を見ることもできます。顔写真の話題から免許証を見せてもらうのが自然ですよ。

名刺をもらう

既婚男性であれば情報を知られたくないため、名刺を渡すのも嫌がる可能性も高いです。

いざという時に会社に来られたリ、電話をかけられるのを避けるためです。また仕事と役職を見れば大体の年収も予想がつきます。

年収の割にいつもお金がない場合には、結婚していてお小遣い制という可能性も考えられます。しかし今の時代、名刺は誰でも簡単に作られるということを頭に入れておきましょう。

香水を強めにつけていく

既婚男性であれば特に嫌がるのが後に残るほどの強い香水。反応を見るという点では一つの有効手段かもしれません。

しかし、単純に香水の香りが強い女性を苦手な男性も多いので安易に行わないようにしましょう。プレゼントなどに香水をつけて渡すのも一つの手段です。

出会い系サイトよりも結婚相談所の方が安全?

出会い系サイトは手軽に始められるのが魅力で恋活や婚活の始めに試すにはおススメです。
 
しかしヤリ目や既婚者を避けるといった点では結婚相談所の方が確実でしょう。

連盟などに加盟している結婚相談所であれば、登録時に公的な独身証明が必要となります。そのため、ほぼ確実に既婚者とマッチングすることはありません。

しかし、誰でも参加できる婚活パーティーでは参加者によく混ざっているので注意が必要です。

また結婚相談所では、肉体関係はおろかお泊りデートでも成婚とみなされ退会させられることもあります。

入会金や成婚料も出会い系サイトとは比べものになりません。セックスをしたいだけの男性が利用するには割が合わないでしょう。

しかし基本的に女性が無料登録できる出会い系アプリと違い、結婚相談所は男女同一料金のところも多いです。入会する時は覚悟がいりますね。

ヤリ目・既婚者を見分けるのも恋活の大事なスキル

恋活の現場に行くといい男ほどヤリ目か既婚者の可能性が高いです。なぜなら本当にいい男であれば恋活を頑張らなくても恋人がいるか結婚しているからです。

スペックも高くて女性にも慣れている男性からアプローチがあった場合は一度立ち止まって考えてみましょう。

嬉しさのあまり自分に都合の悪い点を無視してしまいがちですが、怪しい点があれば放っておいてはいけません。

後から何倍も苦しい想いをする可能性もあるのです。時間をかけてでもしっかり相手を見極めましょう。

恋活サイト・アプリランキング

Omiai

Omiai

Facebook恋活のパイオニア「Omiai」
Omiaiでは6秒に1組がマッチングしているデータもあり、アクティブな会員が多いのが特徴。
会員数が未だに増え続けているのは、たくさんの人からサービス面でもセキュリティ面でも支持されている証拠!
「出会い系は怪しい」という先入観を持っている方にこそ、利用してもらいたいサービスです。
ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

誰もが知っている結婚情報誌が運営している「ゼクシィ恋結び」。ゼクシィ独自の機能「検索学習機能」で、素敵な恋との出会いを運んできてくれるはず!
ペアーズ

ペアーズ

恋活アプリで会員数500万人超えの「ぺアーズ」。毎日約3,000人の男女がペアーズに登録しているとのこと!運命の人に出会えるかもしれませんね。
\ 2017年-もっと詳しいランキング /
完全版ランキングはこちら