恋活サイトやアプリの業者やサクラを見分けよう

恋活サイトやアプリの業者やサクラを見分けよう

恋活したい!と思ったときに、気軽に始められるのが恋活サイトやアプリの良いところ。
 
ですが、業者やサクラがいるのでは?騙されて、お金を搾り取られるのでは?なんて二の足を踏んでしまう方もいるでしょう。
 
はたして、恋活サイトやアプリに業者・サクラはいるのか?
 
騙されないために見分ける方法は?など、気になる恋活の裏事情を調査しました!

業者とは

運営とは別の組織

まず、業者とサクラはまったく異なるものだということを理解しておいてください。
 
業者というのは、恋活サイト・アプリの運営元とはまったく関係のない組織です。
 
一般会員に成りすまして潜り込み、あたかも真面目に恋活しているように装って近づいてきます。

一般的に、業者にはこのような特徴がありますよ。

  • イケメンすぎる or 可愛すぎる
  • 職業、収入などの条件が良すぎる
  • 性格が良さそう
  • コミュニケーション力が高く、積極的

冷静に考えてみると「おかしいな?」と思えるようなことも、素敵な人とマッチングして仲良くなるにつれ感覚が鈍っていきます。

業者のコミュニケーション力は非常に高く、初期の段階では一般人と区別するのは非常に難しいといえるでしょう。

詐欺サイトへの誘導

業者が恋活サイトやアプリに潜り込む大きな理由はこちら。詐欺サイトへの誘導です。大まかな流れをご説明しておきましょう。

  • 恋活アプリで仲良くなった後、早い段階でLINEなどを介して直接やり取りをするようになる
  • LINEでも終始良い雰囲気でメッセージのやり取りをし「早く会いたい」など積極的なアプローチもしてくる
  • 「スマホが壊れた」「ネットストーカーにあっているからLINEを使うのをやめる」などの理由をつけて、外部サイトへ誘導し、そこで連絡を取り合おうと持ちかけてくる
  • 外部サイトでメッセージをやり取りするために、課金する必要がある

このようになっています。

どれほど相手とは気が合う、仲良くなれそうだと感じても、外部サイトへ誘導された時点でそれは業者と判断して間違いないでしょう。
 
その相手との恋はあきらめて、次の出会いを探しに、恋活を再開することをオススメします。

風俗の営業

風俗への誘導を試みようとする業者も存在します。援助デリヘル(援デリ)と呼ばれることもあります。
 
一般女性を装って恋活サイトやアプリに潜り込み、援助交際を持ちかけてくるのです。

  • すぐ会いたがる
  • お金の交渉をしてくる
  • 顔のはっきり写っている写真がない
  • 待ち合わせ場所や時間の指定が細かい

援助交際目的の業者の場合、このような特徴があります。
 
相手が18歳未満であれば条例違反になりますし、待ち合わせ場所に出向いたら怖い人に脅されて、金品を奪われたという事件もありました。
 
このように思わぬトラブルに巻き込まれる危険性もあるので、こういった業者には特に注意が必要です。

サクラとは?

運営会社がポイントを使わせるために用意

業者は外部組織から送られてきた、いわば「刺客」のような存在なのに対し、サクラは運営元に潜んでいる「スパイ」です。
 
サイト・アプリ内のメッセージをやり取りする際の、ポイント課金を誘導するために存在します。

特徴は外部サイトへ誘導する業者と酷似しています。やたらとルックスや条件が良い、積極的にアプローチしてくるなどの特徴がある相手には、注意が必要ですよ。

悪質サイトやアプリに多い

Facebookを利用する恋活アプリに限っては、サクラは存在しません。

サクラだけでなく業者の排除にも力を入れており、その安全性がユーザーから高く評価されています。

しかし、出会い系を目的とした悪質なサイトやアプリについては、この限りではありません。業者やサクラが蔓延していて、一歩間違えばあっという間にカモにされてしまいます。

このような事態を避けるためにも、恋活を行うときは安全性の高い、優良サイト・アプリを利用することを強くオススメします。

業者やサクラの見分け方

業者やサクラは非常にコミュニケーション力が高く、会話が弾むため、つい乗せられて楽しい時間を過ごしてしまいます。
 
すると判断力が鈍り、見破ることができなくなるおそれがあるのです。そのようなことにならないよう、業者やサクラの見分け方を知っておきましょう。

登録してすぐに連絡が来る

登録した直後に届くメッセージの送信者は、そのほとんどが業者かサクラです。
 
プロフィールがまともに書かれていないような人に、一般人が興味を持つとは考えにくいですよね。

Google画像検索を活用

業者やサクラが使うプロフィール写真は、普通ではあり得ないくらいかっこいい、かわいい人ばかりです。

「こんなに素敵な人とマッチングできた!」と舞い上がる前に、一度Googleの画像検索を利用しておきましょう。

プロフィール写真を画面キャプチャなどで画像保存して、それを検索するだけでOKです。もしまったくの別人がヒットした場合、それは残念ながら業者もしくはサクラが載せたニセ写真ということになります。

すぐにLINEやメアド交換を求めてくる

早い段階から個人情報を聞き出そうとし、直接やり取りに持っていこうとする相手の場合は注意が必要です。

普通に考えて、よく知らない人とメッセージを送り合う場合には慎重になりますよね。本心では「早く連絡先が知りたい」と思っても、相手にどう思われるかを不安に思って、なかなか切り出せないものです。積極的すぎる、馴れ馴れしいと感じる相手には、少し警戒した方が良いでしょう。

LINEやメールで異常な文字化け

それまで何ともなかったのに、突然相手のメッセージが文字化けすることがあります。友達とLINEをしていて、異常な文字化けなんてそうそう起こりませんよね。メッセージに不自然な点が見られる場合は、業者やサクラである可能性が高いです。

優良サイトやアプリを使うのが一番

真面目に恋活をする上で、絶対に避けたいのが業者やサクラに騙されてしまうこと。今回はそれを防ぐためのポイントをお伝えしました。悪質な手口に引っかからないようにするために、一番大切なのは優良なサイト・アプリを利用することです。

せっかく気の合う人とマッチングしても、「もしかして業者ではないか?」なんて疑ったままでは深い関係性は築けませんよね。疑心暗鬼にならないためにも、安全性の高いサイトやアプリで恋活に励みましょう!

恋活サイト・アプリランキング

Omiai

Omiai

Facebook恋活のパイオニア「Omiai」
Omiaiでは6秒に1組がマッチングしているデータもあり、アクティブな会員が多いのが特徴。
会員数が未だに増え続けているのは、たくさんの人からサービス面でもセキュリティ面でも支持されている証拠!
「出会い系は怪しい」という先入観を持っている方にこそ、利用してもらいたいサービスです。
ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

誰もが知っている結婚情報誌が運営している「ゼクシィ恋結び」。ゼクシィ独自の機能「検索学習機能」で、素敵な恋との出会いを運んできてくれるはず!
ペアーズ

ペアーズ

恋活アプリで会員数500万人超えの「ぺアーズ」。毎日約3,000人の男女がペアーズに登録しているとのこと!運命の人に出会えるかもしれませんね。
\ 2018年-もっと詳しいランキング /
完全版ランキングはこちら