恋活をするメリット・デメリットを知ろう

恋活をするメリット・デメリットを知ろう

恋人が欲しくて恋活を始めたいという人も多いと思いますが、不安もあって一歩を踏み出せないという人もいるでしょう。

知らない人に出会うのは怖いですし、人に拒絶されるのが不安だという人もいます。

方法によってはお金がかかる場合もあります。そんな人達が少しでも安心して恋活を始められるように、今回は恋活のメリット・デメリットをまとめました。

方法によっても特徴があるので、自分にあった恋活の手段を選びましょう。

恋活の方法

一口に恋活と言っても、その方法はさまざまです。

人を絞って会うこともできますし、一度に大量の人に出会うこともできます。

無料で利用できるものもあれば、お金がかかるものもあります。

まずは恋活の方法を大きく5つ紹介するので、自分に合う方法はどれか参考にしてください。

アプリ

最近では「マッチングアプリ」や「恋活アプリ」というジャンルのサービスが多くあります。

ひと昔前ではインターネットで出会うとしたら「出会い系サイト」で、サクラなどがいて危険だというイメージがあったでしょう。

しかし今ではスマホで手軽に始められて、比較的安全で真面目な人の会員数が多いアプリも多くあるのです。

メリットとしてはそのコスパと言えるでしょう。ほとんどのアプリは登録無料で、サービスによっては無料会員でも出会えるものもあるのです。

デメリットは出会うためにはテクニックがいるということ。

まだまだネットで知り合った人と出会うことに抵抗を覚える人は少なくありません。

アプリ上でマッチングしたとしても、メッセージ交換して出会いまでセッティングするには、それなりのテクニックが必要になります。

コミュニケーション能力が低ければ、返信が返ってこなくなることもあるのです。

また、今でも危険な悪徳業者が運営している恋活アプリは数多くあります。

公式サイトを見るだけでなく、運営会社などをしっかり調べてから利用しましょう。

大手企業だからいいアプリとは言えませんが、少なくとも上場企業の方が社会的責任を持ってアプリを運営していると言えます。

パーティー

「婚活パーティー」と聞くと、フォーマルなイメージがり敷居が高く感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし最近では「恋活パーティー」といってカジュアルなパーティーも多数開催されています。

プロフィールカードを書いて、自己紹介してフリートークをして、お互いに気に入ればマッチングして連絡先交換。

そんな定型のお見合いパーティーのようなものばかりではなく、「料理コン」や「スポーツコン」といった様々な種類の企画がある楽しいパーティーが人気で、数多く開催されています。

マッチング率も高く、他の方法がダメでも期待して恋活パーティーに参加する人は増えています。

いきなり異性と話すのが苦手という人でも、得意な趣味を利用すれば他の参加者とも自然に仲良く交流できることもあるでしょう。

本気度が高いパーティーであれば結婚相手を探すことも可能です。

人気のパーティー主催会社が開いている恋活パーティーは、雑誌の記事などでも特集を組まれるほどなので、すぐに席が埋まってしまいます。

人気のパーティーに出たい場合はできるだけ早く申し込んだ方がいいです。

逆にただの出会いパーティーであれば、敷居も低くリラックスして参加できるかもしれません。

派手なのが苦手なタイプの人は、自分がリラックスして自然に笑っていられる雰囲気のパーティーを探しましょう。

「20代限定」など、年齢などで参加条件があるものあるので、しっかり確認して自分の強みが活かせるイベントを選びましょう。

街コン

地域の飲食店を利用して行われる街コンも一度に多くの人に出会えるのでおすすめです。

合コンから派生してできたイベントだけあって、その敷居の低さから誰でも気軽に参加できます。

メリットとしては飲食店が会場になることからグルメも楽しめる点です。

参加費に飲食費も含まれているため、一回の街コンでいくつかのお店を食べ歩くことができます。

仮にいい出会いがなかったとしても、グルメが楽しめたらもとはとれたと言えますね。

デメリットとしてはどんな相手がいるか分からないということです。

敷居の低さから参加人数も多く、その中には身体目的で女性を探しに来ている男性もいるため、せっかくいい出会いがあったと思っても、遊びで終わってしまうこともあります。

参加するハードルは低いですが、恋愛経験が乏しい方だとうまく異性とコミュケーションがとれない結果になることもあります。

相席系のお店

相席屋という居酒屋を皮切りに、異性と相席して楽しめる飲食店が最近は増えてきました。

居酒屋だけでなく、カフェやイタリアンなど店舗ごとによってそれぞれスタイルがあります。

利用料金もその多くが、女子の方がかなり割安なので、むしろ女子の方が余っている店舗もあるくらいです。

イベントとは違い、自分の都合のいい時に行けることから忙しい社会人にとっては重宝されている出会いの場です。

連絡先も簡単に交換できるため、そこでできるだけ多くの異性と連絡先交換をして、後日2人で会うというのが一般的です。

SNS

フェイスブックやツイッターなど、今では多くの人が何かしらのSNSを利用していることでしょう。

知らない人との出会いが目的のサービスではないとはいえ、使い方によっては恋活に利用することは可能です。

いきなり知らない人にメールを送るなんてできないという人でも、コミュニティーなどに参加すればオフ会やイベントなどで出会いを広げることができます。

メリットとしては無料で利用できることです。デメリットとしては個人情報が危険にさらされる可能性があげられます。

SNSには多くの個人情報が投稿されています。

自分が意図していなくても、自分の行動範囲や勤務先がばれてしまうこともあるため、無闇に知らない人と繋がるのは危険とも言えます。

友達の紹介

もっともシンプルなのが友達からの紹介と言えます。

相手にもよりますが、自分のことを知っている友達であれば自分に合った人を紹介してくれるかもしれません。

メリットとしてはその気軽さでしょう。

気心しれた友達であれば、ダメ元で友達の紹介を依頼するのにさほど抵抗はないですよね。

デメリットとしては付き合ったあとも気を遣うこと。

紹介してくれる相手も友達の友達である可能性が高いです。交際しようとしまいと、あなたの印象が悪ければ紹介してくれた友達の顔に泥を塗ることになります。

最低限の礼儀として、友達の顔が立つようにしてあげましょう。

恋活のメリット

恋活はそもそも「婚活」の派生として生まれた言葉です。

婚活と聞くとすごく重い感じがしますが、恋活だったらかわいげがあるといったとこでしょう。

中にはほぼ婚活に近いような恋活をしている方も大勢います。

ここでは婚活と比べた場合の恋活のメリットを紹介します。

手軽に始められる

恋活の大きなメリットとしてはその手軽さがあげられます。

婚活の場合には、始めるだけでも独身証明をはじめとした書類などを用意しなければいけないこともありますが、恋活であれば始めようと思った時にすぐに開始できるのです。

気持ち的にも、恋活して誰かと交際するとしても、自分の家族などの目を気にしなくてもいいので、いらないプレッシャーを気にせず始められます。

24時間できる

今ではアプリなどネットを使った恋活も主流になってきている、忙しい人でも自分の空いた時間に恋活ができます。

婚活で結婚相談所を利用する場合と違って、誰かのペースに合わせて行う必要はありません。

SNSや恋活アプリであれば、マイページに投稿をすることもできるので、自分がアプリを利用していない時でも、誰かがその投稿を見て仲良くなることもあるのです。

他の人とは勤務時間がずれている人であっても、好きなタイミングで自分のPRができるのは大きなメリットでしょう。

また場所を問わずに利用できるのも大きいメリットと言えるでしょう。

自分の希望にあった相手を探せる

普段の生活の中で、自分の希望に当てはまる異性に出会うというのはなかなか難しいでしょう。

特に社会人になると、人間関係が会社の人中心になってしまうため、なかなか広がりません。

学生までであれば自然と出会いがあったものの、社会では仕事も忙しくて自分の好みの異性を探すのは至難の業です。

恋活であれば、人間関係も広まり、その中にはあなたの理想の相手と出会える可能性もグッと高まります。

特に恋活アプリであれば、検索機能などを使って自分の好みの異性に絞ってアプローチすることもできます。

なかなか好みの異性の出会えないと悩んでいる人にはおすすめの方法です。

恋活のデメリット

人生を充実させてくれる恋活ですが、デメリットもあります。やり方によっては危険な目に会う可能性もゼロではありません。恋活をする際には次のような点に注意してください。

お金がかかる

恋活はやり方によってはお金がかかる場合もあります。

特に男性の場合は、恋活アプリにしてもイベントにしても女性に比べて、料金が割高であることが多いです。

実際に交際が始まってからもお金は必要になる可能性は高いので、あまり交際前からお金を使いすぎないように気をつけましょう。

恋活をしていると、男にご飯をおごらせたり、プレゼント目当ての女性もいます。

あまりにお金がかかる女性は交際を続けるのが難しいので、はじめからひっかからないようにするのが賢明です。

実際に会うまでが大変

恋活を始めてはみたけど、異性と出会うのが難しく、出会う前に諦めてしまう人もいます。

街コンなどのイベント系であれば、その場に行けば確実に出会うことはできますが、恋活アプリなどの場合、出会うまでにいくつかのハードルがあります。

相手に会ってもらうほど信用されるのは、恋活初心者にとっては少し難しいかもしれません。
しかし恋活も慣れなので意識して繰り返していけば、出会えるようにはなってきます。

最初の辛い時期だけ頑張って乗り切りましょう。

既婚者や業者がいることもある

恋活をしていて一番気を付けなければいけないのが、既婚者と詐欺師です。

恋人ができなくて悩んでいる人達の中で、既婚者や業者は異性の扱いにも慣れているため、つい魅力的に映ってしまうのも問題です。

特に最近は婚活ブームでもあり、結婚詐欺師もその詐欺の手法も増えています。

まさかこの人が?と思うような人が詐欺師であることもあるため、結婚するまではお金の貸し借りなどは控えましょう。

また既婚者との不倫は、知らずに付き合って傷つくだけであればいいのですが、相手の結婚相手とトラブルになってしまうと裁判沙汰にもなりかねません。

既婚者を見分けるポイントは把握しておきましょう。

【まとめ】恋活は自分に合った方法を選ぶのが大事

恋活の方法それぞれのメリットデメリットを紹介してきましたが、一概にどの方法が一番いいということはありません。

できるだけ多くの人に会って、その中から選びたいという人は手っ取り早く会えるイベント系がおすすめですし、人見知りである程度絞って会いたいという人はアプリなどを使う人がいいでしょう。

恋活は自分に合わない方法でやってしまうととても疲れてしまいますし、楽しくなければそれが相手にも伝わり、成功から遠ざかってしまいます。

恋活をする際には自分の性格も考えて、自分が一番楽しめる方法を選んで行いましょう。

恋活サイト・アプリランキング

Omiai

Omiai

Facebook恋活のパイオニア「Omiai」
Omiaiでは6秒に1組がマッチングしているデータもあり、アクティブな会員が多いのが特徴。
会員数が未だに増え続けているのは、たくさんの人からサービス面でもセキュリティ面でも支持されている証拠!
「出会い系は怪しい」という先入観を持っている方にこそ、利用してもらいたいサービスです。
ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

誰もが知っている結婚情報誌が運営している「ゼクシィ恋結び」。ゼクシィ独自の機能「検索学習機能」で、素敵な恋との出会いを運んできてくれるはず!
ペアーズ

ペアーズ

恋活アプリで会員数500万人超えの「ぺアーズ」。毎日約3,000人の男女がペアーズに登録しているとのこと!運命の人に出会えるかもしれませんね。
\ 2018年-もっと詳しいランキング /
完全版ランキングはこちら