恋活初心者は自分にあった恋活方法を選ぼう

恋活初心者は自分にあった恋活方法を選ぼう

「恋活」という言葉が一般化し、人脈がない初心者でも、気軽に恋活に参加できるようになりました。
 
恋活するには合コン友達の紹介で友達と会うのが一般的ですが、最近は出会い系アプリを利用し、パーティーに参加する参加者も増えてきました。
 
この記事では、恋活するためのそれぞれの手段やルールを初心者向けに紹介します。

恋活の方法

初心者が恋活をするには、出会い系アプリに課金するか、街コン恋活パーティーなどイベントに参加するのが一般的。未婚率が高まる中でも、アプリやイベントの利用者は増える傾向にあります。各サービスやイベントの概要を説明します。

恋活アプリ

ネットを使った恋活が最近は主流です。恋活アプリは「pairs」「omiai」など、利用料金を月ごとに決まった額を支払う「月額制」「PCMAX」「ハッピーメール」など、ポイントを先に購入して機能を利用するごとにポイントを消費する「ポイント制」に課金の仕組みが分かれます。

ポイント制を導入しているアプリは、プロフィールを見てメッセージを送るだけでもポイントを消費することから難易度は高め。初心者が使うのであれば、月額制のアプリがオススメです。

恋活アプリは、たくさんの相手のプロフィールや写真を一覧表示し、好みの異性に「いいね!」を押す仕組みを採っています。
 
アプリによってはFacebook上の友人を一覧から削除する機能があるため、周りの視線を気にせず恋人を探すことができます。

表示される異性一人ひとりが好みのタイプかどうか素早く判断していく「スワイプ型」のアプリもあります。
 
アプリ画面に出てくる異性の写真を左右にスワイプすることでその人が好みか、好みでないかを判断し、お互いが好みであればマッチングが成立する仕組み。
 
代表的なものは「poiboy」「tinder」。外国ではスワイプ型のアプリも流行を見せており、日本でもこれから流行するかもしれません。

いずれのアプリも、マッチングが成立してからメッセージを交わし、お互いが好意を抱けば直接会ってデートします。そのまま交際に発展したケースも多くあるようです。

街コン

恋活のツールとして近年一気に有名になったのが街コン。都会のみならず、一次産業の担い手を確保しようと自治体が主催して田舎でも開かれます。最近は街コンイベントを集めたポータル情報サイトも出現しており、世の中に幅広く浸透していると言えるでしょう。

合コン

独身男女に出会いをもたらすために多く開かれてきた合コン。近年は相席居酒屋が普及し、来店するだけで合コンスタイルで異性と触れ合うことができるようになりました。大手の「相席屋」は、男性は30分1500円女性は時間無制限で無料とする仕組みを採っています。共通の知人が男女を集めることから「ハズレ」は少なく、これからも「合コン文化」は続いていくことでしょう。

恋活パーティー

十人弱が参加する合コンと似たような規模で、出会い系サービスや結婚相談所の運営企業などが主催して参加者を募る「恋活パーティー」も最近は増えてきました。恋活パーティーのイメージに近いのは、名刺交換や仕事の情報共有がメインの異業種交流パーティーでしょうか。

参加する人の年齢層も幅広いですが、「年上女性と交流したい男性」「日本酒が好きな人」を参加条件に加えるなど、趣味や年齢別、異性の好みに応じて幅広いタイプのパーティーに参加できるのが違いだと言えます。

お酒を飲むパーティースタイルだけでなく、一緒にスポーツを楽しむイベント系のパーティーも開かれています。

友達の紹介

異性と知り合うのに一番手っ取り早いのは、自分の性格や異性の好みを理解している友達から異性を紹介してもらうことでしょう。それなりの人脈が必要なことを考えると、友達の紹介だけで彼女を作ることはなかなか大変。アプリや恋活パーティーを活用しながら、並行して友達からの紹介を受けるといいでしょう。

自分に合った方法を選ぶ

出会い系サイトや恋活パーティーなど、独身男女が異性と知り合う機会は増えてきました。
 
ただ、どのサービス、イベントを利用するべきかは自身の異性に対する接し方によって分かれるところ。
 
一瞬で相手を「落とす」ことができるような交際経験が豊富な人は、大人数と接する街コンがおすすめ。
 
一方、ゆっくり交流を深めて自分の良さを知ってもらいたい人には出会い系サービス恋活パーティーを利用するといいでしょう。

初心者におすすめの恋活アプリ

出会い系アプリを使うなら、利用者が多いサービスを使うのが女性との出会いにつなげる一番手っ取り早い方法だと言えるでしょう。
 
初心者におすすめなのが「pairs」「omiai」などの月額課金制の人気アプリ。
 
月ごとにどれだけ機能を使っても追加費用がかからないことが月額制アプリのメリットです。

ただ、月額制のアプリにも落とし穴があります。
 
異性に好意を抱いていることを示す「いいね!」ボタンを押す回数には限りがあります。いいね!ボタンを押せる回数は月ごとに加算される仕組みを採っているのが大半。新たにポイントを購入する必要があるので「いいね!」の押しすぎには注意しましょう。

大手の出会い系サイトでは、サイトを通じた成婚者のインタビューを掲載しています。カップルの顔や実名が出ている場合もあるため、生の体験談があるとサイトの安全性が高いことがわかりますね。

街コンの概要

街コンの会場は屋内、屋外さまざまあり、中には複数の飲食店をめぐりながら異性と触れ合う街コンも存在します。
 
昔は結婚願望が強い人が集う街コンが多くありましたが、最近は結婚相手を探していない人も気軽に参加できるよう形態が変化してきました。

街コンの種類

恋活パーティーは出会い系サービスを展開する企業が中心となって開くパターンが多い一方で、街コンは地域活性化などの目的から自治体商業団体などが主催し、大きな規模で開くことが多め。
 
街コンは規模が大きいことから、屋外を含めた広い会場で開かれることがほとんどです。「年上の彼女がほしい」「彼氏と一緒にお酒が飲みたい」など、付き合う異性の条件を細かく求めている人もいるでしょう。
 
そんな人は、婚活パーティー出会い系アプリを利用した方が手っ取り早く好みの異性と知り合えるかもしれません。

マナー

街コンの主催者は、とにかく多くの参加人数を確保することが使命。
 
参加者を満足させることを理由に、服装や対象年齢など、参加者をあまり限定していません。
 
合コンや恋活パーティーと比べれば、比較的ラフな服装で気軽に参加しても許されるでしょう。

複数の友達と参加しやすいことも街コンのいいところですが、内輪の盛り上がりに終始してしまうと何のために参加したのかわかりませんし、異性との交流を後押ししようと企画してくれた運営側に迷惑をかけます。
 
なるべく多くの異性と協力しながら街コンを盛り上げましょう。

服装

お見合いとは違い、街コンに正装で参加する必要はありません。
 
ドレスコードは存在しませんが、一般的に重視されるのは清潔感。短時間で多くの異性と接することから考えても、多くの人に「かっこいい!」と思わせる無難な服装にするといいでしょう。

街コンの流れ

街コンの参加費は事前に支払う決まりになっている場合があることに注意しましょう。開催前日までにWeb上で決済を済ませる参加条件になっている場合もあります。
 
当日、会場に着いてから参加できない事態に陥っては目も当てられません。

街コンはフリープログラムの場合が多く、一人ひとりが自己紹介する時間がない場合がほとんど。そのため、参加者同士が触れ合うチャンスは自分で作り出す必要があります。
 
消極的でいてはいけません。流れを気にせず積極的に自己紹介して会話し、自分をPRする必要がありそうですね。

恋活パーティーの注意点

街コンと比べると恋活パーティーは、参加者が比較的少人数であることから個室など狭めの会場で開かれることが多く、異性一人ひとりと接する時間も長め。その分、一緒に参加する同性に配慮する必要もありそうです。

マナー、服装、パーティーの流れ

恋活パーティーに求められるマナーや服装はさまざまですが、規模が小さいことから細かいドレスコードや参加条件が決められている場合があります。参加するときは、恋活パーティーの申込先が定めたルールをしっかり守るようにしましょう。

また、街コンとは違い一人ひとりが自己紹介する時間も設けられる場合も多くあります。
 
自分を過度にPRしすぎるのではなく、同性の仲間を立てる配慮が異性に好印象を与える場合もあるでしょう。合コンと同じように、場の空気を読む力も求められます。

まとめ

大人数が参加する街コンはたくさんの人と知り合えるチャンスがある一方、一人ひとりと話せる時間は少なめ。
 
恋活パーティーや出会い系アプリ、出会い系サイトはじっくり異性とやり取りできますが、カップリングが成立するまでは比較的時間がかかると言えるでしょう。
 
自分がどのように相手と接すれば彼氏・彼女を作ることができるかを考え、カップル成立の可能性を高めていきましょう。

恋活サイト・アプリランキング

Omiai

Omiai

Facebook恋活のパイオニア「Omiai」
Omiaiでは6秒に1組がマッチングしているデータもあり、アクティブな会員が多いのが特徴。
会員数が未だに増え続けているのは、たくさんの人からサービス面でもセキュリティ面でも支持されている証拠!
「出会い系は怪しい」という先入観を持っている方にこそ、利用してもらいたいサービスです。
ゼクシィ恋結び

ゼクシィ恋結び

誰もが知っている結婚情報誌が運営している「ゼクシィ恋結び」。ゼクシィ独自の機能「検索学習機能」で、素敵な恋との出会いを運んできてくれるはず!
ペアーズ

ペアーズ

恋活アプリで会員数500万人超えの「ぺアーズ」。毎日約3,000人の男女がペアーズに登録しているとのこと!運命の人に出会えるかもしれませんね。
\ 2018年-もっと詳しいランキング /
完全版ランキングはこちら